リサイクルトナーはリーズナブル

企業でも学校などの公共機関でもプリンターは必須です。仕事でもプライベートでも多くの方が利用されています。印刷枚数が多くなると必然的にトナーも消費が激しくなるので、トナー費用はばかになりません。純正の新品トナーを購入していると、結構な金額になるのでリサイクルトナーを利用されている企業なども多いのでしょう。

純性新品と比較するとリサイクルトナーは格段に安く、純正品の定価と比較すると1/10という商品もあるのですから、リサイクルトナーを利用する企業や団体などが多いのも理解できます

リサイクルトナーは費用が安いというメリットがありますが、初期不良が2%から3%程度みられるという事も報告されていますし、もしもリサイクルトナーを利用していて、そのトナーが原因ではなくても、プリンターが故障した場合、メーカーとしては純正品を利用していなかった場合、保証対象にできませんという事もあるので、純正品しか利用しないという企業がある事も確かです。

もちろん、リサイクルトナーの業者も、手厚い保証を行っていて、純正品よりも質の高い保証を行っているという業者もあります。たとえば製品保証を無期限とし、プリンター本体に故障があった場合には1年、また返金保証についてはすべてのリサイクルトナーに標準とするなど、保証内容を濃くすることでデメリットを補っているため、リサイクルトナー業者を利用する方が安心して利用できるという方もいます。

リサイクルトナーはその名の通り、トナーをリサイクル品として提供するものですが、そもそも、どのような仕組みでできているのでしょうか。当サイトは圧倒的に安いリサイクルトナーの仕組みについて説明します。当サイトが皆様の情報サイトとなれば幸いです。

オフィスでのリサイクルトナーの使用

オフィスでコピーオフィスでは、パソコンに接続されたプリンターを何台も使用している所も多いでしょう。また、コピーFax機も含めると、トナーカートリッジを交換する回数が、月に何回にもなるオフィスも多いと思われます

トナーカートリッジをゴミとして廃棄処分する手間と費用も大変です。カートリッジを頻繁に交換する必要のあるオフィスでは、リサイクルトナーを使用する事が普通になってきていると思います。

リサイクルトナーとは、使用済のトナーカートリッジを回収し、再生の工程を経て、純正品と同様の新しいトナーとして使用できるようにするものです。リサイクルトナーを扱っている会社を利用すると、電話するだけで、使用済のトナーは着払いで回収に来てくれます。

また、新しいトナーも即日発送してくれるので、トナー切れで困る事はありません。トナーカートリッジをゴミとして排出する事がなくなりますので、リサイクル社会に貢献する事にもなります。リサイクルトナーの使用は、今のオフィスには欠かせない要件だと言えるでしょう。

リサイクルトナーとはどのような物か

「リサイクルトナー」という言葉に馴染みのない方は多いことだろう。

その言葉を知らない方のために一体どのような物であるかを説明すると、リサイクルとついていることからすぐに察しがつくと思うが各製品会社が販売している純正の使用済みのトナーを回収し、カートリッジや劣化した部品を交換してほぼ新品に近い状態にすることです。

新品を使うこととあまり大差がないと言っても部品の使い回しをしている上に稀に部品同士の相性が悪いこともあるので、それぞれの会社で厳しい点検を何度も行って品質の向上に努めています。

このリサイクルトナーのメリットの一つとして環境保全に貢献できることが挙げられます。今までは全て使いきってから廃棄することが一般的であったが、これらを焼却処分などをする際に二酸化炭素などが排出されてしまいます。しかし、同じ部品を何度も使用するが厳しい検査を受けてから使われるので不具合がほとんど起きない上に環境の保護にも役に立つ優れ物です

リサイクルトナーはリーズナブル