どのように作るの?

リサイクルトナーはどのようにして作られているのか、どういう仕組みになっているのでしょうか。まずはトナーカートリッジの仕組みを理解しておきましょう。カートリッジ内には様々なパーツがあり、この精度がいい方が印刷の品質も高くなります。カートリッジ内のパーツの状態を把握し、メンテナンスなどをしっかり行う事で、トナーの状態、印刷の状態をよくすることもできるのです。

インクリサイクルトナーを利用する際、多くの業者さんがメンテナンスや故障の対応をしてくれますが、トナーカートリッジ内のパーツの交換などをしつつ、リサイクルしたトナーを使うようにしないと、品質を保てないからです。

実際にどのような仕組みでリサイクルトナーが作られていくのかというと、まず、リペアです。1本ずつ丁寧にリサイクルトナーのリペアを行う事で、品質の高いトナーができます。トナーは通常、固体識別ラベルと呼ばれる管理番号(バーコード処理)で管理されています。回数は、業者によって違いますが、リサイクルサービス回数ラベルという部分に書かれています。一般的に1から5などの数字で書かれています。

こうして作られたリサイクルトナーは、お客様の手元に届くまでに、しっかりとテストを繰り返し、利用されているのです。

リサイクルトナーについて考える

最近、リサイクルトナーという言葉を耳にするようになりましたが、今回はリサイクルトナーについて考えてみましょう。

リサイクルトナーとは、消費者から回収したコピー機等の使用済のトナーを分解、洗浄等したうえで純正品と同量の新しいトナーを充てんし、再利用可能としたトナーのことをいいます。

料金は純正品に比べて、半額や市販価格の90%割引で販売していることもあるくらいで、リサイクルで環境問題に貢献するだけでなく、大幅な経費削減を見込める商品といえるでしょう。日常的に間接費用削減を求められている間接部門にとっては大変にありがたい商品といえるでしょう。

それでは、どうしてリサイクルトナーが出現することになったのでしょうか。これには、昨今の消費者の環境問題に対する意識の高まりがあるものといえるでしょう。消費者としてはこれからは、リサイクル製品の製造過程についても注目していく必要があるといえます。すなわちリサイクル製品製造会社が環境に配慮して製品を製造しているかが重要となります。

環境問題に貢献するリサイクルトナー

リサイクルトナーとは、お客様から回収した使用済みのトナーカートリッジを分解し、消耗や劣化した部分の交換や修理を行うことで新品同様のトナーカートリッジを提供するというシステムです。その際、すべての工程は厳しくチェックされているので、提供されるトナーカートリッジは高品質で新品同様なのです。

また、リサイクル製品なので、低価格で手に入れることができるのです。リサイクルトナーは純正のカートリッジに比べて低コストで製造されるのです。そして、リサイクルトナーの需要は増えつつあります。その背景には、人々の環境問題への意識が高まりがあるのではないでしょうか。使用済みのカートリッジは、リサイクルしなければ産業廃棄物となってしまいます。

ですから、トナーカートリッジのリサイクルは産業廃棄物削減のためにもなるのです。リサイクルすることによって経費削減だけでなく環境に貢献しているのです。このように優れているリサイクルトナーは今後ますます需要が高まっていくことでしょう。

どのように作るの?