リーズナブルに提供できる仕組み

リサイクルトナーはリーズナブルに利用できるというメリットがあります。しかしなぜこんなにもリーズナブルに利用できるのか、業者によっても違いがありますが、一般的に直営工場を持っていて、工場産直でリサイクルトナーを作成、お客様のところに届けているのです。こうしたリサイクルトナーの業者の中には、最短納期工場入荷後1日、という速さです。

工場産直で流通コストなどを極力削減しているので、リサイクルトナーは純正品よりもずっと安く利用できるようになっています。質の悪いものを安く売っていると考えている人がいますが、そうではなく、質の高い商品を出来る限り制作コスト、人件費、流通コストを削減する事で安く提供できるように努力しているのです。

品質が悪くなれば、リサイクルトナーの業界も競争が激しいので、別業者に顧客をとられてしまいます。そのため、企業努力を惜しまず管理やメンテナンス、保障などのサービスにも力を入れて企業としての力を向上させているのです。

保証なども業者によって内容が違うので一概にいえませんが、リサイクルトナーは純正品と比較しても「利用する価値のある商品」というイメージをしっかり持ってもらうため、質の高いサービス、スピード、リーズナブルさを売りにしているのです。

リサイクルトナーと純正のどちらが良いか

できるだけ印刷にかかる経費を削減しようとリサイクルトナーを使用している企業もある。

リサクルマークしかし、純正のものと比べて品質はどうなのか、不具合のことを考えるとやはり純正の方が良いのではないかと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、どのようにして選択するべきかを紹介します。

まず第一にリサイクルトナーですが、価格が純正のものと比べて非常に安いことです。なぜなら、使いきったトナーの充填と部品の交換をしているので新たに作るよりも安くすることができます。しかし、万が一故障した際に製造源のメーカーに問い合わせをしてもサポートを受けられないことがあるので注意する必要があります。

次に純正のトナーについてですが、不具合が起こった時にメーカーに気軽に問い合わせができ、そして何よりもリサイクルトナーに比べて安全性が高いことです。ただし、値段は前者と比べるとかなり高いですが、安全性を重視するのであれば純正の物を使用することをおすすめします。

リサイクルトナーを使用するということ

私にはリサイクルトナーの販売を生業としている友人がいます。その友人が言うのは、正規のメーカーのトナーもリサイクルも中身には違いはないということです。違いがなければリサイクルトナーの方が価格の面で圧倒的にリーズナブルなのでそちらを使用するという法人、個人も多くなっているわけです。現に私のまわりでもリサイクルトナーを使用している人は多いし、もうその使用が世間に浸透し、一般化していると言っていいとおもいます。加えてその友人が言っていたのは、あとは扱う会社それぞれの保守、メンテナンス、サービスの違いだということです。偶発的にでた不良品に対するクレームにどう対処していくか、がそれぞれリサイクルトナーを販売する会社によって違うのです。

つまり品質はどこのものもたいした違いはないが、顧客対応、サービスに違いがでているというのです。勿論私の友人がやっている会社は不良品には素早く交換という対応をしますし、品質も問題はありません。

リーズナブルに提供できる仕組み