大手メーカーのリサイクル

エコ大手メーカーのトナーカートリッジリサイクルシステムも注目されています。各メーカーは、ゴミをださない、少なくするという事を企業として責任をもって考えていますが、プリンターに関わるメーカーも、リサイクルシステムを導入し、使用済みトナーカートリッジをリサイクルするという取り組みを行っています。

リサイクルトナーの業者さんのように、純正品ではないトナーを制作するという事はありませんが、使用済みトナーカートリッジをそのまま廃棄することなく、再使用するという方法でエコに貢献しています。

まず使用済みのトナーカートリッジを粉砕機に投入し細かく粉砕、材料を分別し、鉄、アルミ、またリサイクルできる他用途の材料として利用する分に分別します。分別したものの中から、ポリエチレンなどリサイクルできる材料を取出し、ペレットなどを作り、最終的にトナーカートリッジとして再使用します。

これまで行われてきた品質レベルの低い、「ほかの用途に再利用する」という事ではなく、いずれ廃棄処分するという前提ではなく、出来る限り品質が高くエコ的なリサイクルができるようにと、品質の高いリサイクルに乗り出しているのです。

リサイクルトナーの業者と同様、エコという事を主軸に、利用出来るものは捨てずに利用するという考え方を大手メーカーも持っているのです。

リサイクルトナーは経費削減やエコにつながる

リサイクルトナーはプリンターの印刷時に使うトナーカートリッジをリサイクルして有効利用することです。

使い終えたトナーカトリッジを捨てずに集めておいて専門業者に回収してもらってそれにインクを詰めなおしたりしてまた新たなカートリッジとして生まれ変わるという仕組みになっているのです。つまりカートリッジの容器をリサイクルして使うということですね。

それで新品のカートリッジよりかなりお得な価格で購入出来るのです。日々プリンターを使うことが多い企業においては、このような新品トナーに代わってリサイクルトナーを積極的に使えばかなりの経費削減につながるものと思われます。

そして無駄な資源を使うことなくエコにもなりとても有効的だと言えるでしょう。このようなトナーの回収を含めリサイクルトナーの販売業者はインターネットでも受付けしている所が沢山あります。このようなことに目を向けてみると経費削減になることにプラスして環境問題やエコに対する意識や関心も高まることにもなりますね。

ちなみに家庭用のプリンターの使い終えたインクカートリッジの回収も家電量販店やまた自治体などでも行なっている場合があります。ちょっとしたついでにそうしたリサイクルボックスに持って行く意識も家庭レベルの単位でも行なっていけば環境に優しい循環作りのひとつにもなってよいのではないでしょうか。

リサイクルトナーで、広がるリサイクル

パソコンに接続して使うプリンターは、今や「家庭に1台」という時代で、必須用品だといえるでしょう。インターネットでたくさん調べたものをプリントアウトしたりする事も多いと思います。そこでプリンターを使用し「消耗するもの」といえば、何を思い浮かべますか?やはり「トナー」の事を思い浮かべると思います。

最近では買い物をする為にスーパーマーケットへ行くと、よく店頭入り口で「トナーの回収箱」を見かける事が多くなりました。それを見る度、トナーのリサイクル率もかなり高くなっているような気がしておりました。

今はインターネットで「リサイクルトナーショップ」というのもあり、普通に購入するものよりかなり割安で「リサイクルトナー」を手に入れる事が可能です。こういう試みは、確かに懐にもやさしいですし、尚かつ環境にやさしいとも言えるでしょう。使用したトナーは、是非「トナー回収箱」のようなものに回収してもらい、「リサイクル」を一人一人心がけていくべきだと思います。

大手メーカーのリサイクル

リーズナブルに提供できる仕組み

リサイクルトナーはリーズナブルに利用できるというメリットがあります。しかしなぜこんなにもリーズナブルに利用できるのか、業者によっても違いがありますが、一般的に直営工場を持っていて、工場産直でリサイクルトナーを作成、お客様のところに届けているのです。こうしたリサイクルトナーの業者の中には、最短納期工場入荷後1日、という速さです。

工場産直で流通コストなどを極力削減しているので、リサイクルトナーは純正品よりもずっと安く利用できるようになっています。質の悪いものを安く売っていると考えている人がいますが、そうではなく、質の高い商品を出来る限り制作コスト、人件費、流通コストを削減する事で安く提供できるように努力しているのです。

品質が悪くなれば、リサイクルトナーの業界も競争が激しいので、別業者に顧客をとられてしまいます。そのため、企業努力を惜しまず管理やメンテナンス、保障などのサービスにも力を入れて企業としての力を向上させているのです。

保証なども業者によって内容が違うので一概にいえませんが、リサイクルトナーは純正品と比較しても「利用する価値のある商品」というイメージをしっかり持ってもらうため、質の高いサービス、スピード、リーズナブルさを売りにしているのです。

リサイクルトナーと純正のどちらが良いか

できるだけ印刷にかかる経費を削減しようとリサイクルトナーを使用している企業もある。

リサクルマークしかし、純正のものと比べて品質はどうなのか、不具合のことを考えるとやはり純正の方が良いのではないかと悩んでいる人も多いことでしょう。そこで、どのようにして選択するべきかを紹介します。

まず第一にリサイクルトナーですが、価格が純正のものと比べて非常に安いことです。なぜなら、使いきったトナーの充填と部品の交換をしているので新たに作るよりも安くすることができます。しかし、万が一故障した際に製造源のメーカーに問い合わせをしてもサポートを受けられないことがあるので注意する必要があります。

次に純正のトナーについてですが、不具合が起こった時にメーカーに気軽に問い合わせができ、そして何よりもリサイクルトナーに比べて安全性が高いことです。ただし、値段は前者と比べるとかなり高いですが、安全性を重視するのであれば純正の物を使用することをおすすめします。

リサイクルトナーを使用するということ

私にはリサイクルトナーの販売を生業としている友人がいます。その友人が言うのは、正規のメーカーのトナーもリサイクルも中身には違いはないということです。違いがなければリサイクルトナーの方が価格の面で圧倒的にリーズナブルなのでそちらを使用するという法人、個人も多くなっているわけです。現に私のまわりでもリサイクルトナーを使用している人は多いし、もうその使用が世間に浸透し、一般化していると言っていいとおもいます。加えてその友人が言っていたのは、あとは扱う会社それぞれの保守、メンテナンス、サービスの違いだということです。偶発的にでた不良品に対するクレームにどう対処していくか、がそれぞれリサイクルトナーを販売する会社によって違うのです。

つまり品質はどこのものもたいした違いはないが、顧客対応、サービスに違いがでているというのです。勿論私の友人がやっている会社は不良品には素早く交換という対応をしますし、品質も問題はありません。

リーズナブルに提供できる仕組み

どのように作るの?

リサイクルトナーはどのようにして作られているのか、どういう仕組みになっているのでしょうか。まずはトナーカートリッジの仕組みを理解しておきましょう。カートリッジ内には様々なパーツがあり、この精度がいい方が印刷の品質も高くなります。カートリッジ内のパーツの状態を把握し、メンテナンスなどをしっかり行う事で、トナーの状態、印刷の状態をよくすることもできるのです。

インクリサイクルトナーを利用する際、多くの業者さんがメンテナンスや故障の対応をしてくれますが、トナーカートリッジ内のパーツの交換などをしつつ、リサイクルしたトナーを使うようにしないと、品質を保てないからです。

実際にどのような仕組みでリサイクルトナーが作られていくのかというと、まず、リペアです。1本ずつ丁寧にリサイクルトナーのリペアを行う事で、品質の高いトナーができます。トナーは通常、固体識別ラベルと呼ばれる管理番号(バーコード処理)で管理されています。回数は、業者によって違いますが、リサイクルサービス回数ラベルという部分に書かれています。一般的に1から5などの数字で書かれています。

こうして作られたリサイクルトナーは、お客様の手元に届くまでに、しっかりとテストを繰り返し、利用されているのです。

リサイクルトナーについて考える

最近、リサイクルトナーという言葉を耳にするようになりましたが、今回はリサイクルトナーについて考えてみましょう。

リサイクルトナーとは、消費者から回収したコピー機等の使用済のトナーを分解、洗浄等したうえで純正品と同量の新しいトナーを充てんし、再利用可能としたトナーのことをいいます。

料金は純正品に比べて、半額や市販価格の90%割引で販売していることもあるくらいで、リサイクルで環境問題に貢献するだけでなく、大幅な経費削減を見込める商品といえるでしょう。日常的に間接費用削減を求められている間接部門にとっては大変にありがたい商品といえるでしょう。

それでは、どうしてリサイクルトナーが出現することになったのでしょうか。これには、昨今の消費者の環境問題に対する意識の高まりがあるものといえるでしょう。消費者としてはこれからは、リサイクル製品の製造過程についても注目していく必要があるといえます。すなわちリサイクル製品製造会社が環境に配慮して製品を製造しているかが重要となります。

環境問題に貢献するリサイクルトナー

リサイクルトナーとは、お客様から回収した使用済みのトナーカートリッジを分解し、消耗や劣化した部分の交換や修理を行うことで新品同様のトナーカートリッジを提供するというシステムです。その際、すべての工程は厳しくチェックされているので、提供されるトナーカートリッジは高品質で新品同様なのです。

また、リサイクル製品なので、低価格で手に入れることができるのです。リサイクルトナーは純正のカートリッジに比べて低コストで製造されるのです。そして、リサイクルトナーの需要は増えつつあります。その背景には、人々の環境問題への意識が高まりがあるのではないでしょうか。使用済みのカートリッジは、リサイクルしなければ産業廃棄物となってしまいます。

ですから、トナーカートリッジのリサイクルは産業廃棄物削減のためにもなるのです。リサイクルすることによって経費削減だけでなく環境に貢献しているのです。このように優れているリサイクルトナーは今後ますます需要が高まっていくことでしょう。

どのように作るの?

リサイクルトナーはリーズナブル

企業でも学校などの公共機関でもプリンターは必須です。仕事でもプライベートでも多くの方が利用されています。印刷枚数が多くなると必然的にトナーも消費が激しくなるので、トナー費用はばかになりません。純正の新品トナーを購入していると、結構な金額になるのでリサイクルトナーを利用されている企業なども多いのでしょう。

純性新品と比較するとリサイクルトナーは格段に安く、純正品の定価と比較すると1/10という商品もあるのですから、リサイクルトナーを利用する企業や団体などが多いのも理解できます

リサイクルトナーは費用が安いというメリットがありますが、初期不良が2%から3%程度みられるという事も報告されていますし、もしもリサイクルトナーを利用していて、そのトナーが原因ではなくても、プリンターが故障した場合、メーカーとしては純正品を利用していなかった場合、保証対象にできませんという事もあるので、純正品しか利用しないという企業がある事も確かです。

もちろん、リサイクルトナーの業者も、手厚い保証を行っていて、純正品よりも質の高い保証を行っているという業者もあります。たとえば製品保証を無期限とし、プリンター本体に故障があった場合には1年、また返金保証についてはすべてのリサイクルトナーに標準とするなど、保証内容を濃くすることでデメリットを補っているため、リサイクルトナー業者を利用する方が安心して利用できるという方もいます。

リサイクルトナーはその名の通り、トナーをリサイクル品として提供するものですが、そもそも、どのような仕組みでできているのでしょうか。当サイトは圧倒的に安いリサイクルトナーの仕組みについて説明します。当サイトが皆様の情報サイトとなれば幸いです。

オフィスでのリサイクルトナーの使用

オフィスでコピーオフィスでは、パソコンに接続されたプリンターを何台も使用している所も多いでしょう。また、コピーFax機も含めると、トナーカートリッジを交換する回数が、月に何回にもなるオフィスも多いと思われます

トナーカートリッジをゴミとして廃棄処分する手間と費用も大変です。カートリッジを頻繁に交換する必要のあるオフィスでは、リサイクルトナーを使用する事が普通になってきていると思います。

リサイクルトナーとは、使用済のトナーカートリッジを回収し、再生の工程を経て、純正品と同様の新しいトナーとして使用できるようにするものです。リサイクルトナーを扱っている会社を利用すると、電話するだけで、使用済のトナーは着払いで回収に来てくれます。

また、新しいトナーも即日発送してくれるので、トナー切れで困る事はありません。トナーカートリッジをゴミとして排出する事がなくなりますので、リサイクル社会に貢献する事にもなります。リサイクルトナーの使用は、今のオフィスには欠かせない要件だと言えるでしょう。

リサイクルトナーとはどのような物か

「リサイクルトナー」という言葉に馴染みのない方は多いことだろう。

その言葉を知らない方のために一体どのような物であるかを説明すると、リサイクルとついていることからすぐに察しがつくと思うが各製品会社が販売している純正の使用済みのトナーを回収し、カートリッジや劣化した部品を交換してほぼ新品に近い状態にすることです。

新品を使うこととあまり大差がないと言っても部品の使い回しをしている上に稀に部品同士の相性が悪いこともあるので、それぞれの会社で厳しい点検を何度も行って品質の向上に努めています。

このリサイクルトナーのメリットの一つとして環境保全に貢献できることが挙げられます。今までは全て使いきってから廃棄することが一般的であったが、これらを焼却処分などをする際に二酸化炭素などが排出されてしまいます。しかし、同じ部品を何度も使用するが厳しい検査を受けてから使われるので不具合がほとんど起きない上に環境の保護にも役に立つ優れ物です

リサイクルトナーはリーズナブル